元々生まれつき全身のあらゆる毛が濃い自分がいました。生まれた時なんて親が「猿が生まれたのかと思った」と言われたほどでした。私は女でありながらです。
おまけにもう既に幼少期の頃から毛について悩んでいました。覚えているのは腕の毛、その時は剃るという行為を知らなかったので、はさみを使って毛を切っていたりしました。そしてどんどん身体が発育していく時期、それは小6の時でした。
脇の下の毛を気にするようになっていきました。
なぜなら周りの人達は全く自分と違うのです、私だけ脇の下の毛があまりにも濃い!おまけに一箇所に何本も生えており、量が多い!水泳の時間に嫌悪感を抱くほど私はもう既に自分の脇の毛について大きく悩んでいました。

もちろん母親に相談しました。剃る、という行為を教えてもらっても刃物を持つという恐怖感から自分では行わず母親に手伝ってもらったこともあり、その際に言われた言葉、あんたはこれに苦労するね、と言われたほど濃かったようです。どんどん大人の身体になっていくので、脇の毛に対する悩みは大きくなっていきました。量も多く広い面積に濃い黒が広がっていたので、剃っても半日経つと毛はもう瞬時に見て分かるほど生えており、剃った意味がない!それ故夏に脇を気にしなければいけない、着たい服が着られない!ということがあまりにもショックでした。私は真剣に親に相談し、脱毛をする事を決意しました。

レーザー脱毛で処理しました。述べた通り濃く量が多いため、何度もレーザー脱毛をしないといけないことが分かり嫌になりましたが処理を受ける度に毛は生えてこなくなりました。そして今、現在。脇の下の毛はほとんどないです。少し生えている位で、あぁ脱毛をして良かった、と本当に今思っています。何より夏の服装を全く気にしなくてよいのだから!これは女性にとってとても価値のあることではないでしょうか。

脇の下の毛で悩んでいる人に是非この脱毛のことを話したいほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>